FC2ブログ

プロフィール

(4回目)

Author:(4回目)
おふとんください

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スーパーウルトラハイフィクション.
  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • » 03
なんどもなんども書いてきたけれども、
458.jpg
優しい言葉が簡単に消えてしまうような毎日を過ごしているからかよく涙を流すことが多くなった。そんな気持ちを誰にも打ち明けずに胸にしまって生きてはいるけれどそれって私が弱いからだと気付いた。なんだかんだいって本当は誰かにこの思いを伝えたいはずだし、そっと受け止めてくれる人がいるはずなのに、そんなことが簡単に出来たら私はこんなに苦労してないんだなとつくづく思う。誰も私のことを求めてはいないし、悲しくてもやりきれなくても死んでしまってもあなたは同じように泣いて嘆いて悲しんでくれるんだろうか。そんな確率を望むことを恐れるからか私はすごく臆病になったような気がする。些細な出来事で壊れてしまう程にもろいし、世界はいつでも歪んで見える。それを救ってくれるのはこのハッピーの抜け殻も輝かしい残像もないこのアルバムなんだ。本人や歌詞が物語っているようにこのアルバムは〝一人の志村正彦という人物〟に焦点があてられている。もっと言っちゃえば、恋愛に対しても音楽に対しても何をしても不器用な男のスーパーノンフィクションストーリーである。にやっとしてしまう歌詞も、聴いててハッとするような部分も、なにもない。ただただ君、君、君、僕はひとりどうせひとりのサイクル。どうしてそんなに俯いてるんだと腹が立つくらいぐだぐだなのにそれがなぜか心にしんみりと伝わってくる。志村ってこんな人間だったんだって初めて気付いた。
私は、このアルバムでフジファブリックを聴き始めた。どこか特異で不思議な音楽をするバンドだなあ位の認識であまり興味はなかったのに、何故かこのアルバムリリースを知ったときにひかれてしまった。それは、雑誌のインタビューではあったんだけどもあまりにも赤裸々に自分自身のことを話していて正直ぎょっとした。彼女と別れて失恋してしまったこともバンドの解散の危機に陥った時のことも、音楽家として生きていくつもりはあるのに自信がないなんて話していたことも。自分のことをあっけらかんに打ち明けられてしまう程志村は強い人のような気はしなかったけど、アルバムを聴いていたらそんなこと全て忘れてしまったっていう印象である。要するに、志村は自分の屈折した思いを素直に歌にすることでバンドにも過去にも一つ蹴りをつけようとしていたんだと思う。それをバンドの変化と捉えるか、志村の姿と捉えるかは人それぞれになるのかもしれないけれども、とにかくえらく爆発的な衝動もがんじがらめになっていた劣等感みたいなものも全て解き放たれて、一曲一曲がすごく柔らかくて優しい。だからかこのアルバムに収録されている曲はえらく無垢で純粋な印象を受ける。言ってしまえば、とても美しい。無数の寂しさと思いが張り裂けそうな程に歌詞にまとわりついていてかなり圧倒されて、こんなに生きた楽曲を歌うのって凄まじいことだ。全身全霊で歌う愛を孤独を希望を彼は君にでもリスナーにもなく自分自身に問いかけたかった。生きている意味とか、そんなどうでもいいことは歌われていない。ただ自分が何の為に歌うのか。何を鳴らすのか。それを、伝える為に彼はこういうアルバムを作ったのだと思う。それに救われる私って、志村に比べたらすごい単純な生活を送っているようにも思った。だからか、志村が亡くなってからこのアルバムを何度も何度も聴いても私は志村の喪失による悲しさというものが全く湧かない。ベタな言葉で言ってしまえば志村はこのアルバムの中でもがいて、必死に泳ぎきろうとしていた。志村は曲の中に今も生きているんだ。そう思えば、志村がいないことだって、まだフジファブリックはいるのだからと、たいしたことじゃないとか思えたりもする。
【2010/10/19 18:26】 | 音楽 | コメント(0) |
幸福、悲しみ、夢もお金も欲望も、私から全てをひいたら
images.jpeg
愛のむき出し
偶然ネットで見つけて、気になって調べていたらストーリーとか予告編をみるとかなり凄そうだな思った。実際問題、話の主体になっているのは宗教、盗撮、レズ、変態なんていうテーマばかりなんだけど結局その一つ一つが出てくる人物の象徴になっていて、核心めいたものにもなっている。ドラマにありそうな兄弟間での恋愛も、ドキドキする満島ひかりのシーンも、ものすごい血しぶきが繰り出されるアクションシーンも、涙腺がぼろぼろになってしまうラストも新鮮、という感想の何ものでもないのだけれどもこの映画が何を伝えたいかって言われても分からない。
主人公であるユウ、ヨーコ、謎の宗教団体の教祖、ユウが女装した人物であるサソリ、それを中心に物語は進んでいくのだけれど結局、宗教っていうのは矛盾しているのにも関わらず人が求めてしまうはかないものだということなのか、人間は誰かの愛がないと生きていけないということなのか。また、それ以外の何かを伝えたかったのか。それが理解出来ずに4時間半もの時間をどっぷりとこの作品にハマってしまったっていう印象の方が強い。

個人的な感想と言えば、後半の40分間に繰り出されるユウとヨーコの急展開する二人のストーリー。海岸でヨーコが聖書を叫びながら読むシーンなんて気付いたら彼女が本当のマリアなんじゃないかと思ってしまうくらいに満島ひかりが美しく見えた。宗教団体からヨーコを救い出そうとコイケを殺そうとする全身全霊になるものの、その事件がきっかけでおかしくなってしまったユウの姿にただただ涙。そして一番好きなシーンは、宗教団体の解散により親戚の家に預けられたヨーコとその家の女の子のやりとり。曖昧なんだけど、「本当の涙には血が流れてくるの。だからほら、私の涙は赤いでしょう?」と密かに告白する女の子の言葉を聞いて、涙するヨーコ。なんとも美しい情景で、私は一番好きだなあ。

とんでもないストーリーが狂おしい愛を支えていて、変態と言われて愛を拒絶されても救おうと闘い続ける、こんなことありえないからこそ、この作品は成立していて、素晴らしい出来になっていると思っていたら実話が元なのか。ふーん。
てゆうか主役のお二人、特にユウ役の西島くんっていわゆるアイドルなんですな。ばりっばりの歌手なのにこんなことして平気なのか(´・ω・`)とやたら心配になったけど、演技うまいなあ。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/10/11 17:44】 | どうでもいいこと | コメント(0) |
記憶の中にいる君は いつだって笑顔だけ
surpriseweb_aicl-2155.jpeg
フジファブリック/MUSIC
正直、こんなに早く新譜がリリースされるなんて思ってもいなかったと思う。
リリースされると知って嬉しくなった反面で、このアルバムをきっかけにもう二度と彼らの歌が聴けなくなってしまうんじゃないかなんていう不安もあったし、そんなこと考えてるうちにまた志村のことばかり気にしてた。
確かに、メンバーのひとり、ヴォーカルが亡くなってしまったことでフジファブリックの何かがなくなり、かけてしまったことは間違いないし、殆どの楽曲を作り上げて来た志村が亡くなってしまったことは言ってしまえばひとつのフジファブリックの終わりだったようにも思う。

フジファブリックの曲に、「茜色の夕日」という曲がある。上京して来てから書いたものか学生時代に書いたものか分からないけど、志村自身がはじめて自分の思いを素直に歌詞に出来た曲だと以前話していた。その曲で、書かれているのはもしかしたら志村はこの曲で歌った思いをずっと探しているのかもしれないと思っていた。始めて好きになった女の子へ語った夢や情熱、そしてなにもかも上手くできない自分へ対する感情と、東京に対する気持ち。
どんなにやりきれなくても日々は過ぎていってしまうという寂しさを夕日に例えているのだけれども、彼はこの曲を歌うたびに目にうすら涙を浮かべながら歌っていた。
15の時にみた民生さんが衝撃的すぎて普通の大人になりたくないと思ったときに、特別な存在になりたくない、なんていう反動だけで東京に出て来て音楽を始めてはみたけれど、その音楽という夢はあまりにも彼にとっては心もとなくて、追いかけていくことに何度も挫折したんだろう。何かがうまくいかなくなると、全てを投げ出したくなって何度もメンバーに迷惑をかけてきては音楽を続けて来たことを、リスナーは知っている。
嫌だった普通の大人が羨ましいと感じながらも自分の夢を叶える為にひとり、部屋で名曲を作ってやろうと思ってたに違いない。フジファブリックの楽曲には、青春というよりも何処か切なくて、それでいて甘酸っぱい気持ちに聴くたびになっていたけれども、その反面でぎゅっと締め付ける心の葛藤がそっと潜んでいて、それが屈折した志村の気持ちを投影されていたんだなあと思う。

このアルバムの半数を志村のヴォーカルテイク・残りの数曲を他のメンバーが歌っている、という大変特殊なものにもなったし、志村のヴォーカルもいつもよりもどこか頼りない。完成度で言えばたいしてずば抜けている訳でもないのに、個々を見ても、全体を聴き通しても、そこには音楽家・志村正彦の世界といつものフジファブリックの音が鳴っている。だとしたらこのアルバムは五年後でも十年後でもなく、今発売されるべきであったと思ってしまう。時を越えて、志村の歌いたい、喜びを、悲しみを、爆発を、「今」をメンバーは作り上げることに諦めなかった。悲しさも切なさも受け止められないことも全てを閉まって、彼らはこの作品を完成させた。
それって、愛でも仕事でもなんでもなく、奇跡だと感じてしまった。
タイトル名の「MUSIC」だってそう。春夏秋、と季節を巡る中で様々なことに傷つきながら歌い続けた彼だから歌える歌があって、それだからこそ、ストレートにこんなタイトルがついたんだろうな。
新しいフジファブリックが始まろうとしているのかもしれないね。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2010/10/02 07:01】 | 音楽 | コメント(0) |
誰かに話すことで楽になる,
そんな 日もね あるよ

私はもしかしたら自分に自信がなさすぎるのかもしれない。もっと強気になりたいなあと思う。
でも私が今の自分に満足したとして、自信というものが芽生えて来たら、私はおかしくなってしまう気もする。
これくらい頑張って来たんだから大丈夫、って言うのは怖くてとてもじゃないけど安心できない。だから、完璧にやろうとするのに、それが巧く出来ないから辛くなって投げ出してしまうんだけど。なんか頭がごちゃごちゃ。
そんな私に出来る現実逃避なんて、寝ることか散歩することくらいで、寝すぎで筋肉がやばい。
心機一転、前髪を切ろうとしたら切りすぎて眉毛上まで切ってしまって、ダサすぎて大変。リアル田舎の女の子みたいな髪型になってしもうた・・・MEGはどこにいったMEGは・・・。
こんな、祝日。

ばーかばーか

ターミナルBでしょ、買うなら、普通。なんちゃって。
寂しさ満点で悲しいです。うう・・・。アコーステックバージョンが★五つ
てゆうかテスト期間とライブが重なってラストライブ自重とか切なくないですか・・・。
【2010/10/01 14:51】 | どうでもいいこと | コメント(0) |
僕をちょっと孤独にさせた
正直なところ、将来、きちんとした大人になれる自信がありません。あんまり適性能力ない気がしてくる‥‥
人と一緒にいることは嫌ではないけれど、自分だけの時間も欲しい。
したいことは山ほどあるけど、身体がついていかない。・・・だめだこりゃ(^ω^)<納得
とりあえず大学のことについて絶賛悩み中です。どこに行くのか、何をするのか、何になるのか。
人生って長いはずなのに、決めなくちゃいけない時間は結構少ない気がする。そう思うと、あせってしまう。
まあ、勉強してから考えます。みんなもあせってるだろうしな、ってあせっていてほしいだけだよ!!!!

エレカシの新譜が出ましたね。勿論、買いました。渋谷のタワーレコードは売り切れてました・・・。
恐るべし・・・石ちゃんステッカーパワー・・・。ってことで仕方なくレコファンで買いましたが。安かった。
「歩く男」っていう曲、他になかったっけ?エピックの頃とかにさあ・・・。まあ有るはずないんだけども。
男系の楽曲にしてはポップで肩の力抜いた感じの歌で気に入ってる。編曲がミヤジなのがまた◎

あと、もうひとつ。
かわいいいいいと思わず声をだして言ってしまう、少女時代について。
私の友人の韓国が大好きなおにゃのこがKARAとかワンダーガールズが好きなのだがその子の影響もあるのか、
なぜか少女時代にハマってしまった。ダンスといい一人一人の個性といい楽曲といい、今どきのアイドルってこんなクオリティなのかー。聖子ちゃんをようつべで見ながら母親と熱唱するようなことできないもの。見とれてしまう。
正直、日本語で歌わなくてもいいと思ったりもする。
「gee」って初恋の女の子の歌詞なのになんか日本語歌詞だと違うんですよ・・・。積極的になってましたね。
まあ、日本語で歌わなくて韓国語で歌って日本デビューの意味ないじゃねえかよ!っていう話ですよね。
密かに応援し続けます。




【2010/09/23 14:24】 | どうでもいいこと | コメント(0) |
振り返っても仕方はないと分かってはいるけれど
またつまずいた。とても悔しいことがあった。悲しいことがあった。忘れたいことがあった。
頭の中では理解しているのにそれがあまりにも受け止めることのできない、感じ。はやく抜け出せたらいいのに。
きっと彼女たちの中では一生の思い出になるだろう。でも私の中では早く忘れたい過去で、今でも泣き出したくなる程のことであること。それは彼女たちも親も誰も分からない。私だけの気持ちなんだよなあ・・・。。。
疲れすぎて勉強にもなんにも集中できない。だから今日は一日中寝てました(言い訳)
結局、忘れられないものなのかもしれないなあ。あーーーーーーもう本当に情けない。
てゆうか、ネットが重いです。


あまりシングルは買わないので音源は逐一ようつべで探して聴いているのですが。良いですな。
なんかメロディーがキラキラしててサビがぐだぐだで歌詞が聞き取れない・・・これぞ真骨頂って感じ(誉めてますよ).
【2010/09/19 16:56】 | 未分類 | コメント(0) |
自分自身をコントロール クロニクル
また近頃、10時半に寝て5時に起きる生活に戻って来た。健康第一。不健康自慢とか許せないです。
なんの自慢にもなりませんからね・・・ええ。ちゃんとご飯は食べましょう。
あと最近自分を客観的に見れるようにしてます。やけくそにならないように頑張ってはみてます。
あいつ、日本語通じないから嫌いだ、とか 面倒くさいとか思わないようにしてる。中途半端なことはしないようにしてる。じゃないと、やっていけない。途中で逃げ出したくなるだけ。そうようやく自覚した。
もう年寄りに近いのかもしれないなー人の何倍年を取るんだろう、私は。

トイカメラ、がほしい。
PCのフリーソフトをダウンロードして自由に調節してトイカメラ加工し続ける日々を過ごしております
観覧車.jpg_effected

なんか哀愁漂ってますねうぐ

うへへ 
ホワイトサワー(?)味だか食べると舌から必ず血が出ます。

しっかりしろよ


さっぱり

転んで起き上がる
意外に美味しかったですよ・・・ベーコン先に食べてしまったけども

画像が多少食べ物系になるのは致し方ないですよね。パピコ好きですもん。冷凍庫一面パピコですからねえ。
これからもちょいちょい載せていきますからね(ぎゃふん)

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:

【2010/09/10 17:33】 | なんか | コメント(0) |
モドル ホーム ススム